Hyperdisc Records

ポップスとR&Bのフュージョンで知られるハイパーディスクのメインアーティスト、『CAGNET』は、日本・東南アジアでミリオンセールスを記録。CAGNETによる、日本の人気テレビドラマシリーズ、『Long Vacation』と『Love Generation』のサウンドトラックは日本のドラマサウンドトラック史上最高の販売記録を樹立し、ソウルフルなリズムとメロディアスなバラードであふれたそれらのアルバムで、CAGNET(キャグネット)の名を広く世に知れわたらせた。

ハイパーディスクレコード(hyperdisc records)は、1995年、世界的に高く評価されている、音楽プロデューサーであり、作曲家の日向大介の考案から生まれる。レコードレーベルをスタートさせた後、1995年11月、サンタモニカのMain Streetに、レコード店とコーヒーショップがミックスされたお店をオープンさせ、ここを基点に、『The Sounds of Santa Monica』を制作するなど、新たなプロモーションのツールとして、ローカル&インターナショナルミュージックの発信源となる。

現在、ハイパーディスク(hyperdisc)は音楽制作にすべての力をそそぎ、アメリカの最も革新的な独立レーベルとして、ハイクオリティーミュージックをプロデュースし続けています。

ARTISTs

encounter

rock band

INTERIOR

ANALOG 12'Vinyl Format

CAGNET

Japanese TV Drama「Long Vacation, Love Generation」Soundtrack

TOKYO 90%
WORLDWIDE 95%
LOS ANGELES 80%
birtuallicity 90%

24

SOMETHING

341

NUMBER

43

UNKNOWN

Information

Producer

日向大介 Daisuke Hinata

音楽プロデューサー

東京都大田区出身。学習院大学在学中、バークレー音楽院に留学。 86年、テクノポップバンド「INTERIOR」の活動でプロデューサー・アーティスト部門でグラミー賞にノミネートされる。その後は、小室哲哉を始めとするトップアーティストたちのプロデュースを手掛け、90年にロスアンゼルスに居を移す。

96年に自身のユニットCAGNETで作曲とプロデュースを担当したTVドラマ「ロングバケーション」のサウンドトラックは80万枚のセールスを記録し、シリーズでサントラ史上最高の150万枚という大ヒットとなる。その他、松たか子、TVドラマ「ラブジェネレーション」のサントラ、小室哲哉との共同プロデュースによるTohkoなどを手掛ける。

98年、香港において、ベストフォーリンアルバム賞の他、ゴールデンディスク、プラチナディスク大賞を受賞。99年には香港、台湾、マレーシア、シンガポールにて最多の観客を動員し話題を呼んだ映画「King Of Comedy」のサントラを手掛ける。本拠地アメリカでは、CAGNET「Groove Radio」をEMIから全米リリース。

98年から2年間で、6作のキューバンミュージックシリーズを発表し、99年4月アメリカにおいてワールドミュージックで最も権威のある雑誌「New Age Voice」にて、ベストワールドアルバム賞を受賞する。

VINYL 12"

INTERIORS

INTERIORS
Bunkamuraオーチャードホール

ALFA MUSIC LIVE

ALFA MUSIC LIVE
label

hyperdisc records

hyperdisc records
label

global disc records

global disc records